丹波市商工会に来て頂いているWEBサイトの専門家さん

丹波市商工会では、ここ数年で沢山のセミナー講師や専門家にお世話になっています。
それは、商工会が本来の「経営支援業務」に力を入れるようになり、
多くの会員事業所さんに利用してもらっています。

インターネットの講座でも同様に、いろいろな専門家をお招きしています。
その中で昨年からお世話になっているAMRの近藤光央さんです。

近藤さんはWEB制作を仕事にしていますが、会社は大阪。
商工会がどんな風に講師や専門家を探しているか興味があったら続きを読んでみてください。


 

近藤さんに初めて仕事をお願いしたのが、平成26年7月のjimdoHPセミナーです。
きっかけは、25年3月に実施したセミナーまでさかのぼります。

平成25年はちょど私が商工会のインターネット講座の担当になった年でした。
そのとき私は、商工会に勤めていながらインターネットにあまり興味がなく、
知識もほとんどない状態でした。

セミナーについても自分で良い講師さんを探すというよりは、
講師会社を通して派遣依頼をしたり、地元のHP業者さんに相談するぐらいでした。

そして、たまたま25年の2月、3月と立て続けにセミナーをしたんですが、
その2つのセミナーが今のインターネット活用講座を始めるきっかけになっています。

2月のセミナーが、新潟柏崎市で海産物卸業を営む
小竹食品(株)の小竹佳代子さんのお話でした。

この方、50代からパソコンを始めて、
自社商品をネットで何百万も売り上げるサイトを作っています。
それもサイトのほとんどを自分で作っています。
こんなサイトです。
→小竹食品株式会社WEBサイト

この小竹食品さんですが、新潟で起こった中越沖地震で甚大な被害を受け、
小竹食品も、柏崎市の多くの店舗も壊滅的なダメージを受けたそうです。

その時に立ち上がったのが、柏崎商工会議所!!
柏崎商工会議所のある職員さんが、つぶれたお店の商品を片っ端から集めて、
WEBサイトを作って、とにかく売りまくったそうです。

それを機に柏崎商工会議所が主導し、
専門家も入れてネットの勉強会を始めました。

それに参加した小竹さんは、
熱心に勉強され今のサイトを作り上げました。

私はその時の講演がとてつもなく胸に残っているのです。
・やろうと思えば何でもできる
・会議所が主導したなら、丹波市商工会もそんな支援ができるようにしたい!

この2つの思いは今行っているインターネット活用講座のベースになっています。

じゃあ具体的にどんな風にWEBサイト作りを支援しようかと考えていたときに、
続けて実施した25年3月の講演がはまりました。
正確に言うと、講師会社に紹介してもらって、
その方のWEBサイトを見たら面白くて、かつ作れそうだった!!のが決め手。

その時の講師さんが長野県飯田市のカレー屋のおっちゃん。
カレーの大原屋店主の尾沢あきらさんです。

実は、この尾沢あきらさんがカレー屋のホームページをjimdoで作っていました。
講演が終わった後、素人でも売れるHPを作れるのかといろいろ質問して、
商工会でセミナーやってみようと思ったのです。

尾沢さんにお聞きすると、なにやらjimdo cafeというものを運営されており、
そこではjimdoのHPサイトの指導や参加者同士の意見交換が行われているとのこと。

これはjimdo cafeやらなあかん!と思い、
翌日jimdo cafeが関西にあるのかネットで検索したわけです。

そしたら大阪でjimdo cafeがあることを知りそこに電話をして、
お話したのが、今お世話になっているAMRの近藤さんでした!

ちょっと前置きが長くなってしまったので、続きは次回の記事で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です