丹波の夏が終わる前にもう一度食べたいもの・・・

もう夏も終わりですが、まだ心置きなく秋を迎えられそうにありません。
夏に食べておきたいものがあります。

それは、冷麺。

夏の終わりに一番食べたいものが、丹波市柏原町の中華料理店、
大連飯店の季節限定メニューの「涼拌黒胡麻坦太麺」です。

字が読めません。

この冷麺とにかく豪華です。
普通は、冷麺の中には、冷たいきゅうりやトマト、キムチや卵など、
お店によってトッピングしてある具材は様々ですが、
食べた後の感想としては、「冷たくて美味しい」となります。

だけどこの大連飯店の冷麺は、熱々の白身魚のフライが入っています。
他にもいろいろ。

これがかなり美味い。
普通に一品料理として出るようなフライで、かなり豪華です。
さらにタコなど、その他海の幸満載で、「涼拌黒胡麻坦太麺」これ一品で満足できます。

私は冷麺と言っていますが、この麺は太麺ではなく、讃岐うどんなのです。
私はなんとなく、この讃岐うどんにした理由が分かります。

というのも黒胡麻坦々麺のスープがうどんによく絡みます。
だからうどんをすするときにもしっかりと黒胡麻の味がついていてかなり楽しめます。

というわけで、夏が終わる前にもう一度食べてみたい一品でした。

IMG_4532

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です