そば屋だけど唐揚げが目当て【丹波でランチ】

image
30代も後半に差し掛かってくると、
お昼のランチも肉より魚系の方が好きになってきました。

といっても肉を食べないという訳ではなく、
この店の唐揚げ定食、この店の角煮定食というように、
肉を食べることは減りましたが、嫌いではなく

好きなお店のメニューは何回でも注文します。

丹波市の北近畿豊岡自動車道、氷上ICを降りたところに、
いづも庵というお蕎麦屋さんがあります。(うどんもあります)

そこへは、あるものが無性に食べたくなったときに
行くようにしています。

それはいづも庵の唐揚げ定食です。

蕎麦かうどんと味噌汁、ご飯に一品、そして唐揚げが出てきます。
この唐揚げ、来た瞬間は驚くほどのボリュームで一瞬、全部食べれるかなぁという重いがよぎります。

しかし、食べて見ると、この唐揚げが絶妙にうまい!
鳥の揚げ加減といい、鳥そのもののおいしさといい、私の好みにピッタリなんです。

たぶん、世の中の男はかなり唐揚げ定食好きが多いと思うのですが、
(私も20代の頃に頼む定食のほとんどが唐揚げ定食かとんかつ定食だったと思います。)

是非、いづも庵の唐揚げ定食を食べてみてください。
私のおススメは、冷たい蕎麦をチョイスして、熱々の唐揚げを食べて、
体が熱を帯びたところで、冷たいお蕎麦で舌を冷ますのです。

あと、このいづも庵は、娘さんがお菓子の学校に行ってたらしく、後のデザートも美味しいです。
この前行ったときは、蕎麦をジュレで固めたような、そしてクリームだったけな、ちょっと忘れましたが、
甘さが苦手な男性にもちょうど良い甘さで、食感がとても良かったです。

お昼ごはんにがっつり唐揚げが食べたいなぁと思ったら、いづも庵へ立ち寄ってみて下さい。

丹波市の北近畿自動車道、氷上ICを降りて、1分のところにあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です