女性におススメ!丹波の「サクサクコロッケランチ」と「丹波大納言小豆ぜんざい」

サンテレビで紹介した情報をお届けする兵庫県専門ポータルサイトから画像引用(http://sun-tv.co.jp/go-hyogo/

丹波市では、平成29年11月3日~平成30年2月4日まで丹波大納言小豆をPRする、「丹波大納言小豆ぜんざいフェア」が開催されています。

⇒丹波大納言小豆ぜんざいフェア真っ最中!

この取り組みは今年で2年目になり、昨年もテレビ朝日系列「おはようコールABC」で参加店舗がいくつか紹介されていました。
その時に紹介されていたお店の1つが、今回ご紹介するカフェキッチンマルクさんです。

マルクさんは過去にもサンテレビや神戸新聞、コ-プの雑誌【ステーション】でも何度か紹介されています。

紹介される理由としては、「丹波の食材」を使って「数々の新メニュー」を開発しているところだと思います。

最近はテレビや雑誌の影響か、市外からのお客さんが占める割合も増えてきたそうですが、まだまだ観光で来られる方には知られていない印象なので、観光に来られる方にとっては、結構な穴場スポットだと思います。

丹波の特産品「丹波大納言小豆」をぜんざいで味わう

「丹波大納言小豆」の特徴は香りが高く、粒が大きいことが特徴です。

店主の隠岐(おき)さんはその素材をより美味しく食べられるよう、その炊き方や味付けも熱心に研究されています。

店主の隠岐さん(左)

過ぎてしまいましたが秋だと「高源寺」や「円通寺」、「達身寺」など紅葉の名所を回った後の、ちょっとした休憩に立ち寄られる方も多いそうです。

これらの名所から10分以内、また京阪神からお越しの方は、お店から3分のところに北近畿豊岡自動車道の氷上ICがあるので、交通も便利です。

カフェ気分ならふわふわたまごやきサンドにサイフォン仕立ての珈琲

丹波を巡った後に是非食べて頂きたいのが、絶品のタマゴサンドです。
こちらのタマゴサンドの特徴は卵3個を使った「たまごやきの厚み」。

ひとやすみの際の軽食でありながら、十分にお腹を満たしてくれる量がありますので、女性だけでなく男性にもおススメの一品ですね。

このたまごやきサンドと丹波の水で作るサイフォン仕立ての珈琲を飲むと、心が落ち着き、幸せな気分になりますよ。

丹波市氷上町でのランチならサクサクのコロッケランチ

ランチのおススメはコロッケランチです。
外はサクサク、中はホクホクの「まあるい」コロッケです。

コロッケによっては、量が多かったり、油が多かったりで、食べると「意外に重たいな~」ってなることもあります。

しかし、マルクさんのコロッケはサクサクしているからなのか、量が適切だからか、良い材料を使っているからなのか、その秘密は分かりませんが、何個でも食べられそうなあっさりしたコロッケです。

また、丹波栗の収穫時期になると、通常のコロッケランチと併せて、丹波栗を使った丹波栗金コロッケランチがメニューに登場します。

丹波の旬を味わった後は、家族へのお土産に「丹波をまるごとお持ち帰り」

マルクさんでランチやカフェを楽しんだ後は、「丹波」をそのままご家族へ届けて、楽しさを共有してみてはいかがでしょうか。

マルクさんから車で3分のところに、丹波の栗や小豆、野菜や加工品がある「とれたて野菜直売所」があります。

ここでは、野菜などそのままのもいいですが、私のおススメは加工品です。
加工品の中に余計な添加物が入っていない商品がほとんどなので、素材そのままの味を楽しめるし、「丹波市へ来たらコレ!」という商品がきっと見つかると思います。

⇒丹波とれたて野菜直売所の私のイチオシはこれ(週に2本ペース)

その時はまた、丹波市へお立ち寄りください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です