リピーターが通う丹波の栗きん豚って?

今日のランチは、丹波市青垣町にある焼肉いっちゃんです。
お店に入ると、お母さんと息子の剛史さんが笑顔で迎えてくれて、店内の涼しさと、爽やかな笑顔で、暑さにくたばりかけていた私の気持ちもよみがえります。

お目当ては、丹波市の中でも限られたお店でしか食べられない、「丹波栗きん豚」と名付けられた豚肉です。

この丹波栗きん豚ってご存知ですか?

この丹波栗きん豚は、丹波市の地元県立高校と、飼料を製造販売する地元の会社が共同で作り上げた豚なんです。
飼料(えさ)はなんと、栗きん豚の名前の由来である丹波栗を使用しています。

この栗きん豚が育つまでの苦労や、アイデアをちらほらと聞いていたし、お味の方もかなり良いと、前々から聞いていたので、味は間違いないだろうと思っていました。

丹波栗を食べて育っているぐらいですから、非常に贅沢な豚に仕上がるんだろうなと食べる前から期待感が増します。

丹波栗きん豚のえさになる丹波栗は、本来、高価な食材なのですが、飼料としてなので、B級品(味はそのまま、形などが崩れて市場に出せないもの)
を使用しています。

だから、お手ごろな価格で提供されているのです。

この丹波栗きん豚は、美味しいのはもちろん、臭みが全くなくて、脂身がさっぱりして、食べると甘いのが特徴です。

ちなみに私は栗きん豚を食べるのは4回目ぐらいで、ずっと栗きん豚のとんかつ定食を頼んでいたのですが、栗きん豚の焼肉を頼みました。

image

こちらが焼肉いっちゃんの栗きん豚メニュー。
なかなか平日のお昼に焼肉を食べるのは、かなりの贅沢をしているようでテンションが上がります。
まぁこれを食べて昼からパワー全開、エネルギーが体からほとばしれば、焼肉の1,500円なんて安いものです。

image

昼から一人焼肉はかなりの贅沢です。

image

食べ方は岩塩とタレをお好みで!
初めて食べる方には、岩塩で食べるのがおススメです。
栗きん豚の甘さが、肉汁とマッチして口の中に広がって、「おー!うまい!」と声が出ることでしょう。

普通の豚肉と違って、とてもあっさりとしていて臭みがなく柔らかいことに驚かれると思います。
知り合いの、いろんなところで豚肉を食べている人いわく、今まで食べた中で5本の指に入る美味しさらしいです。

私はというと、あまり食通でもなく、表現も上手くないので、

「めちゃめちゃうまい!!!」「甘い!!」

としか言葉が出ませんでした。
他に表現あれば教えてください。

私も岩塩で食べるのが好きです。

image

比べるのも好きなので、タレでも食べます!
何もつけずに食べるのもいいです。

image

image

最後に店主の足立剛さんとお母さんとお話して、お店のPRをしていただきました。
この焼肉いっちゃんですが、年に3回ぐらい手書きのハガキが届くので、それを見ていくたびにこんな風に暖かくお迎えしてくれるので、なんか親戚のような感じがしてくるから不思議です。

今日入ったときに夫婦で来られていた方も、そんな感じで神戸から見えたそうです。
焼肉のおいしさもですが、居心地の良さを求めて来られる方も多いんだろうなぁと思いました。

image

丹波へお立ち寄りの際は、是非行ってみて下さい!
目印は「青垣ミートセンター」の看板です。

image

今日ご紹介したお店

青垣ミートセンター・焼肉いっちゃん

住所 丹波市青垣町佐治105-1

電話番号 0795-87-1129

丹波で飲み干してしまいました!今日のランチ【海の幸と野菜炒めの八宝菜】

今日は丹波市柏原町にある中華料理店、大連飯店でランチにしました。
この大連飯店では毎回日替わり定食を頼みます。

お店の前に今日の日替わり定食の内容が書かれているのですが、
あえて、そのメニューを確認せずにお店に入ります。

席に座ると、お店の方が本日の日替わり定食の内容を説明してくれるのですが、あえて説明をしてくれる前に、席に着く前に日替わり定食を注文します。
なぜそんなことをするかというと、テーブルに運ばれてから確認するのが楽しいんですね。
好き嫌いのある方ならこんなことはできないのですが、特に好き嫌いもなく、どれも美味しいことを知っているので、その日の料理を楽しむようにしています。

ただ、今日は、いつも日替わりではなく、普通にある定食を食べようということで、メニューを見ると、驚くことにAからE定食まで、全部で5種類の定食がありました。

迷いつつ、海鮮好きの私が頼んだのは、D定食の「炒八宝菜」です。
内容は、海の幸と野菜炒め(サラダ、スープ、ライス、香物、デザート、コーヒーor紅茶)で税抜き800円です。

価格もコーヒー付きでこれなんで、かなりお得なんですが、今日初めて分かったことがありました。

実はこのD定食の海鮮八宝菜がやたらと美味かったんですよ。

正直、八宝菜を食べる機会はあまりないのですが、「大連飯店行ったら、八宝菜ですよ!!」と職場に帰って、他の職員に勧めてしまうほどの美味しさでした。

特に、八宝菜のなんていうのですか、スープですか、出汁ですか?
とろみは比較的少ない八宝菜で、そのスープを全て飲み干してしまうほど、美味しかったんです。
たぶん女性にとっても、あっさりしていて食べやすいですね。

中華調理屋さんといえば、どちらかというと「がっつり、こってり」というイメージですが、個人的な感想で言えば、大連飯店はあっさりしていて、一品一品をじっくり楽しみながら食べれる貴重なお店ですね。

また、メニューをいろいろと説明してくれるように、接客がとても丁寧なんで、お昼に落ち着きたいときはココに行きます。
私のおススメは八宝菜ですが、他のモノを食べると、この店のおススメがコロコロ変わりそうです。

あなたの一押しはどんな料理でしょうか。
また、何が美味しかったか教えてください。

ではまた。

ランチ侍でした。

222 (2)

大連飯店
丹波市柏原町見長5
電話 0795-72-1306

大連飯店さんのホームページはこちら

今日はランチを食べるタイミングを逃したので

今日は外へ巡回に行くタイミングを逃して、ご飯を食べる時間を失いました。
かなりお腹は空くのですが、空腹の状態って集中力が高まるので結構好きなんです。

と言いつつも、13時に会館を出て、14時のお客さんとの約束の時間に間に合うように移動していたのですが、お腹がなるのでコンビニでパンぐらいは口に入れておこうと考えたのですが、氷上町市辺の野菜の直売所に行くことにしました。

というのも、先週に農業をされている宮垣農産の宮垣さんに出会ったからです。
そのときに、宮垣さんがにんじんジュースを直売所で販売しているということを聞いて、そのことがふと、頭をよぎったのです。

で、直売所へ立ち寄りました。
111 (3)

お目当てがありました。
111 (1)

111 (4)

見るからににんじんすりたての新鮮な感じが伝わってきます。
そして、量も多い!
これなら、カラダに良い上に空腹も多少満たされるとはずです。

早速車の中で、飲んでみると、にんじんの擦り立て具合が半端ないです。
そして、甘い!とにかく甘い!

111 (2)

野菜から出る自然の甘さです。
ゴクゴクのんでしまいます。
こちらのにんじんジュースも前回の煎り玄米と同様、カラダに染み渡ります。

特に、今日は気温も35度近く上がっていたので、めちゃくちゃ美味い。
語彙が乏しく、美味い以外の表現が見当たらず、甘いと美味いしか言えませんが、これを朝食代わりに毎日一本飲むと、カラダから加齢臭が消え去るんじゃないかと思うぐらい健康にも良いですね。

つい最近生産者の宮垣さんと出会ってにんじんの話をして、自然いっぱいの場所で作られていることを知っているので、余計に美味い。
丹波の特産といえば、栗や黒豆ですが、こういった野菜にも是非スポットを当ててほしいですね。

丹波にお立ち寄りの際は、是非一度お買い求め頂ければと思います。

宮垣農産のにんじんジュースの販売場所は

JA丹波ひかみとれたて野菜直売所
丹波市氷上町市辺440
JA丹波ひかみ 本店前

⇒こちらが宮垣農産です。

丹波市氷上町 女性が集う古民家レストラン

丹波市の北近畿豊岡自動車道の氷上インターを降りて、西へ西へと進むと、
丹波市氷上町の「かどの地区」と呼ばれるエリアに行き着きます。

のどかな山間を車で走り、氷上町中野という地区へ行きますと
立派な古民家が見えてきます。

その古民家の中に入って初めて、そこが飲食店であることが分かります。

その古民家レストランの名は、「玉手箱」

最初に感じたのは、見た目以上に入ると中がとてつもなく広い!

image

そして、年齢的には30代~60代ぐらいまでの
女性のお客さんで埋め尽くされています。

サラリーマンはほんと、私たちだけでした。
ここは過去に2回行きましたが、ほんと女性のお客さんばかりです。

お昼はがっつり食べれたら良いという男性の思考とは
全く異なるのでしょう。

広いだけでここまで落ち着けるとは。
それで窓の外を見ると緑が広がっています。

接客も丁寧でとても気持ちがよいです。

そして、以外にもランチメニューには、鳥の南蛮定食や若葉だったかで包んだ唐揚げ定食、
カニのチラシ寿司など様々で、サラリーマンでも以外とがっつり食べられることがわかりました。

image (2)

氷上のかどの地区は、この玉手箱のほかにも、かどのの郷にあるたまごかけご飯や、
やすら樹という宿泊施設でぼたん鍋などもいただけ、丹波の美味しいものが
気軽に食べられる、意外な穴場ではないかと、個人的には思っています。

雰囲気的に言うと、女性だけで行くなら、玉手箱、家族連れや、働く男性にはかどのの郷で
たまごかけご飯、そして、団体で来られる方はやすら樹でぼたん鍋や、夏はバーベキューを
楽しむのもいいかと思います。

ほんと、自然って不思議なもので、
このかどの地区で車を降りて、空気を吸うと
エネルギーがあふれてくるような気分になります。

私自身、田舎に住んでいるのにです。

私でもこんだけエネルギーを得ているので、
都会の人なら、ある意味パワースポットに来たみたいになるんじゃないかな。

ちなみにパワースポットといえば、
かどの地区におススメのところがあるのを忘れていました。

かどの地区の三方の大カツラと呼ばれる巨大なカツラの木があります。

幹周囲12m、樹高26mの巨木で、幹が根元から12本に分かれた珍しい樹形をしています。
カツラは日本の固有種で雌雄異株、花びらを持たないことから「生きた化石」といわれています。
丹波市の天然記念物に指定されています。

紹介した、3つのお店、そして大カツラはそれぞれ5分ほどで行き来できますので
是非、足を運んでみて下さい。

青垣町の森カフェで時間を忘れる

前回ご紹介しました、丹波市青垣町の森カフェがオープンして早1ヶ月が過ぎましたが、
すでにシニア世代の憩いの場となっているようです。

DSC_0267

お店に入ると、もう一つの大きな家族が出来上がっているかのようなほわ~んとした雰囲気が広がっています。
たぶん、全く見知らぬ人がお店に入っても、十分くつろげる感覚だと思います。

いろんな定食メニューのほか、おでんや、手作りの佃煮?など、
ほっこり頂ける料理が揃っています。

ちょっこっと、店内のおばちゃんと話をしだすと、
何時間でもくつろいでしまいそうな感覚です。

丹波市でもこれだけくつろげる場所というのは、ほとんどないと思いますので、
是非、来店して頂きたいですね。

ちなみに、奥の部屋には会合などで使える
会議室兼カラオケルームになっているそうで、
地元の人のいろんなニーズに応えたカフェですね。

丹波市で会議後の親睦などに使われる場合も便利ですよ。